家具は、暮らしの中でいつも一緒に生活していくもの
   丈夫な家具・手触りの良い家具・健康に良い家具
   引き継がれていく家具・我が家だけの木の家具
良いものをいつまでも・・・「リバーウッズの家具」
カントリー家具工房 リバーウッズのこだわり
カ タ ロ グ
●定番家具
オーダー家具
●学習机
●パソコンデスク
●テーブル
●チェア・ベンチ
●カップボード
●キッチンカウンター
●キッチンキャビネット
●ワゴン
●チェスト
●テレビキャビネット
●キャビネット
●ガラスキャビネット
●コーナーラック
●ブックキャビネット
●オープンラック
●オリジナルラック
●その他家具
●つまみ・蝶番等
●木工品(小物品)
●カラーサンプル
ご注文方法
送料・その他手数料
について
販売法表記
お問い合わせ
お見積り(無料)
工房日誌
メール
工房へのアクセス
リンク
〒818-0046
福岡県筑紫野市大字山口3129
TEL/FAX  092-929-5631  
e-Mail    country@river-woods.biz
リバーウッズ
カントリー家具工房 RIVER-WOODS  パインオーダー家具製作ができるお店
営業日:不定休

納品や仕入等で不在する
ことがあります。
ご来店の際は、ご連絡の
上、お越し下さい。
   リバーウッズのこだわり
その3 使用木材

  パイン材は、北米産のポンデロッサパイン(ポンデ)を主に使用しています。
  ポンデロッサパインは、19mm・25mm・34mm・50mm厚を使っています。
  家具は主に25mm厚を使用しています。但し、たな板・背板・引き出し等は、15〜
 19mm厚を使います。
  ポンデロッサパインは板幅が100〜200mmの為、板継ぎをします。通常は、いも
 継ぎといってボンドのみで継いでいますが、リバーウッズでは割りを入れた雇い核はぎで
 行います(WD−品番を除く)。写真を参照してください。こうする事によって接着面積
 が増え、強度が高くなります。
  当工房では、浸透性の自然塗料を使用しているため、木の吸い込み方の違いにより、
 色むらがどうしても出てしまいます。特に、ポンデロッサパインは塗料の染み込み方に差が
 あり、濃い色は色むらが出やすいです。ですが、3〜5年程であまり目立たなくなります。
 それどころか、とても味わいのある家具になります。と思うのは私だけでしょうか。
その2 構 造

  しっかりした構造で、永く使っていただけるように製作しています。
 リバーウッズでは、25mm厚のパイン材を主体に製作しています。
 但し、棚板、引き出し等は19mm厚のものを使用します。
 かどは内側外側を問わず、ほとんどのところを磨き落としており、
 手触りよく仕上げています。
 扉の格子や椅子等は、ほぞ組で組み上げ、しかっりとしています。
 背板もパイン材で使い、はめ殺しで組みますので外れにくく、
 後ろから見てもきれいです。
その1 塗料・塗装

  植物油を原料にしたワトコオイルまたはナチュレックスの自然塗料を使用しています。
 この塗料は、ホルムアルデヒド、トルエンやキシレンを使用しておらず、
 環境や健康被害の原因になる防腐剤・防虫剤も使用されていません。
 当工房では、ワトコオイルは3回塗り、ナチュレックスは2回塗りをしています。
 ワトコオイルの塗装
   1回目は、たっぷりと塗布し、1時間程静置後、再度、塗布し再び1時間程静置し、
  余分な塗料をウエスで拭き取ります。2回目は、24時間(冬場は48時間)以上置
  いた後、再度塗布し、1時間程静置後、余分な塗料をウエスで拭き取ります。3回目も
  2回目と同様にします。1日に1回の乾拭きを3日程続けて行い、数日乾燥させて納品
  します。
 ナチュレックスの塗装
   1回目は、塗布し1時間程静置し、余分な塗料をウエスで拭き取ります。2回目は、
  24時間(冬場は48時間)以上置いた後、再度塗布し、1時間程静置後、余分な塗料
  をウエスで拭き取ります。1日に1回の乾拭きを3日程続けて行い、数日乾燥させて納
  品します。
  オイル仕上げは塗料が乾燥する前に木の内部へと浸透するので、木の表面にオイルが残
 らず、表面の保護がききにくくなります。それを補う為2回、3回と塗布し、表面近くま
 でオイルが残る様にしています。また、天板裏、背板、内側や底板裏まですべてを塗装し
 ています。塗装した面としていない面との差をなくすことにより木の動き(木が呼吸をし
 て調湿を行っているため)が均一化され、反りや割れ等が置き難くなります。よりしっか
 りと保護をされたい場合は、オイル仕上げ後、蜜蝋を使用したワックスを使用します。