カ タ ロ グ
●定番家具
オーダー家具
●学習机
●パソコンデスク
●テーブル
●チェア・ベンチ
●カップボード
●キッチンカウンター
●キッチンキャビネット
●ワゴン
●チェスト
●テレビキャビネット
●キャビネット
●ガラスキャビネット
●コーナーラック
●ブックキャビネット
●オープンラック
●オリジナルラック
●その他家具
●つまみ・蝶番等
●木工品(小物品)
●カラーサンプル
ご注文方法
送料・その他手数料
について
販売法表記
お問い合わせ
お見積り(無料)
工房日誌
メール
工房へのアクセス
リンク
〒818-0046
福岡県筑紫野市大字山口3129
TEL/FAX  092-929-5631  
e-Mail    country@river-woods.biz
リバーウッズ
カントリー家具工房 RIVER-WOODS  パインオーダー家具製作ができるお店
営業時間
火〜日 13:00〜18:00
定休日 月、第2・4土/日曜日
その他、納品や仕入等で
臨時休業あり。
ご来店の際は、ご連絡の
上、お越し下さい。
午前中のご来店をご希望
の方もご相談下さい。
   リバーウッズのこだわり
色について

 リバーウッズでは、ワトコオイルまたはナチュレックスの自然塗料(オイル仕上げ)を使用して塗装を行っています。ワトコもナチュレックスも健康住宅対応のF☆☆☆☆の塗料で、ホルムアルデヒド等を含んでいません。

 植物油を原料にした塗料で、木に植物油が染み込み、木の内部で固まって保護をします。ニス塗装では表面に塗装膜をつくるのに対し、オイル仕上げでは木の呼吸を妨げず木の内部で保護をします。なので、一般のニス塗装の家具とは違い、木のぬくもりのある独特の風合いとなります。リバーウッズでは、より表面で保護をする為に、ワトコオイルは3回塗り、ナチュレックスは2回塗りを行っています。

 私製作者もこのオイル仕上げに出会ったときは、感激してしまいました。年月が経つにつれて何ともいえない風合いが出てくるし、木の感触を残した塗装には本当に感激しています。欠点もあります。木に染み込ませる為、木の染み込み方により色むらが出てしまいます。これも、木の持つ特徴であるし、年月が経つと気にならなくなってきます。薄い色(ナチュラルやパイン色等)であれば、あまり目立ちません。それと、乾燥に時間がかかることです。容器には24時間と書いてありますが、夏で2日、冬で3〜4日かかるので、2回3回塗りをしていると塗装に7〜14日もかかってしまいます。手間がかかりますが、とてもいい手触りになるのでやめられません。

 より表面の保護をしたい場合は、蜜蝋を使用したワックスを使用します。ワックスを使用すると、表面に艶がでてさらさらになります。テーブルとかデスクの天板等はワックス仕上げをしています。それ以外は、基本的にオイル仕上げです。ワックス仕上げがいい場合は、ご注文時にその旨をお伝え下さい。

 白や赤の塗装も行っています。使用する塗料はミルクペイントで、角等の塗装が一部削ぎ落とされたアンティーク仕上げとなります。ミルクペイントは牛乳の凝固する成分を使った塗料で乾いた後は、口にしても安全です。年月が経つと木の変化に伴うひび割れ等が起きることがありますので、ご注意下さい。ミルクペイント仕上げは代金が10%upとなります。

 リバーウッズでは、全面塗装をしています。天板裏から底の裏まですべてを塗装しています。片側だけ塗装をしていると塗装していない面とで木の動き(木が呼吸をして調湿を行っているため)が違う様になり、反り等が起き易くなります。両面(全面)を塗装することで反り等が起こり難くなります。

リバーウッズのこだわった仕上がりを見てください。

色見本は実際の色と若干違うことがあります。この位の色だと思って下さい。
パイン材は年月とともに色が変化します。同じ色をご注文されても、年月が違うと色が少し違いますが、10年20年と年月とともに同じ様な色になってきます。
ナチュラル
(ナチュレックス)
透明でしっとり感のある仕上がりです。
年月とともに飴色へと変わります。
ライトパイン
(ナチュレックス)
いちばん薄い色でナチュラルに近い感じで、年月とともに飴色へと変わります。
パイン
(ナチュレックス)
薄い色で人気の色です。
メープル
(ワトコオイル)
初めは黄色っぽい色ですが、色の変化とともに赤みを帯びてきます。
ケヤキ
(ワトコオイル)
初めから赤みのある濃い目の色で、赤茶色です。
オーク
(ワトコオイル)
薄く黒っぽい色で、年月とともに薄こげ茶色へと変わります。
ウォルナット
(ワトコオイル)
黒っぽい色で、年月とともにこげ茶色へと変わります。
アンティークホワイト
(ミルクペイント)
角等の塗料が剥げた仕上げで、グリーンやレッド等もできます。